奥会津ギフト販売スタート

奥会津のいいものを詰め合わせた「奥会津ギフトセット」が販売開始いたしました。

今回は新発売になった3セットをご紹介。


【調味料セット】
金山の奥会津天然炭酸水で仕込んだ「蔵出しこうじ味噌」は金山町の渡部麹屋の商品。
天然炭酸水で仕込んだなんて日本でもここだけ。
麹屋が作った味噌は昔ながらの丁寧な味で溶けやすく、毎日お味噌を使う方には是非一度は使っていただきたい本物の味です。

「蕎麦味噌」と「えごまみそ」は只見町のヤマサ商店の商品。
会津では「じゅうねん」と呼ばれる「えごま」をたっぷりと使用。
エゴマの甘みが引き立っています。
蕎麦味噌の蕎麦も会津が産地だから。
ヤマサ商店は地元の素材を大事に活かすお店で、その中でも人気のお味噌です。


【辛いものセット】
辛いもの好きに絶対食べてほしい、奥会津の辛いものシリーズ。

会津地鶏の「キーマカレー」と「グリーンカレー」は癖になる辛さ。
会津地鶏のお肉が入ってちょっと贅沢なので贈り物にもピッタリ。
温めて食べるレトルトタイプなので、簡単に本格的な味が楽しめます。
三島町の会津地鶏みしまやの商品です。

「青唐焼辛みそ」はこれだけでお酒が飲めそうなピリ辛の味噌。
「しいたけと青唐辛子」は昭和村の原木シイタケを使用しているので、肉厚のシイタケのしっかりした食感が特徴です。
どちらもヤマサ商店の商品で、ご飯にもお酒のつまみにもなる奥会津の隠れた人気品です。


【甘いものセット】
奥会津の素朴さは甘いものセットで感じます。

「奥会津ゆべし」(じゅうねん)
会津では「ゆべし」といえばこの形。クルミ入りもありますが、今回はじゅうねんを入れたゆべしをセットにしました。
貴重な日本ミツバチのハチミツは「飴」にして。
ハチミツは抗菌作用も期待されているので手元に置いておけば、ちょっとしたときに心強い味方になります。

2種類のジャムは「金山赤カボチャ」と「ブルーベリー」
糖度が高い赤カボチャの自然な甘みを活かし、他にないジャムになった「金山赤カボチャのジャム」。
ブルーベリーは柳津町の空気のきれいな西山地区で育った元気なブルーベリーを使っています。
ジャムはにしやまブルーベリー園の商品です。

奥会津ギフトは各50セットの限定販売。
予約注文を受け付け、7月上旬に発送。
お中元にピッタリです。
ご予約は「素材広場ショッピングサイト」から

奥会津ギフト調味料セット
奥会津ギフト辛いものセット
奥会津ギフト甘いものセット

モンモにも掲載になりました。
2018年3月発行号にて「奥会津ギフトセット~3種類~」が掲載になりました。

 
 
 
« 前の記事へ   次の記事へ »